ゆるぐらし。[交際16年の熟成婚夫婦×イモリ×ハムスターの日常]

このブログでは、 交際16年にしてようやく結婚した熟成婚夫婦の、 ヒト×イモリ×ハムスターの ゆるゆるっとした日常生活を、ゆるゆるっとお送りいたします。 どうぞ、お暇つぶしになれば幸いです!

ここのところ、めちゃくちゃ久しぶりに創作漫画を描いてました。

新潮社くらげバンチ編集部さん主催の、Twitterで気軽に投稿できる『くらツイ漫画賞』というのに応募するために描いてたんですが、その制作裏話です。
創作のメイキング1
創作のメイキング2
人体の不思議。

ネームというのは、漫画の設計図的なやつですね。
ネーム作業がいちばん難航するので、その作業中は常に「今回は見送るか…」みたいな雑念がついて回り、なかなか進みません。
しかし一度ネームができてしまうと、今度は「原稿にしなければこのネームがもったいない病」が発動し、途端に、睡眠時間やら自由時間やらを削って作業するように。

絶対無理だと泣きながら、気付けば原稿が完成していて、無事投稿することができました。
総作画時間はおそらく13-14時間くらい。
我ながらよく時間捻出できたなあ、遅筆なのによくこの時間で上げられたなあ…と、本当に締め切り前の馬鹿力ってすごいと実感しました。ほんと不思議。

人間、なんにしても締め切りが大事ってことですね。
こまめに締め切りを設定して、計画的に無理なく進められる人間になりたい…!

今年は創作漫画などもゆるゆる頑張っていきたいと思っているので、ブログと併せて応援してもらえたら嬉しいです!
+++++++++++++++++++++
◆アシの裏話などはコチラ◆

コロナの影響で完全に通い仕事はなくなってしまったなあ。
+++++++++++++++++++++
★★訪問ありがとうございます!★★

ゆるゆると更新を続けてまいりますので、
また遊びに来てもらえたら嬉しいです♪

↓ LINEで更新通知を受け取れます



↓ クリックはげみになります!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村


絵日記ランキング

◆前回のあらすじ◆
プロポーズ編19sam2
西武園ゆうえんちのレトロ感に大興奮のふたりだが…?

◆前の話を読む◆

◆このシリーズを最初から読む◆


それでは本編です! *2016年のエピソードです
プロポーズ編20
めっちゃ早口になるやつ。

いやもう、テーマパーク立て直しビジネスの話とか、大好きなんですよね…!!
逆境に負けないというか、発想力で解決する、みたいなの大好物です。

このときのイルミネーション、想像していた以上に規模がすごくって、冬は閉鎖してるプールエリアでプロジェクションマッピングのショーがあったり、園内どこもかしこもきらびやかで、どこを歩いてても楽しい。
イルミ自体にも本当に感動しました!

このプロポーズ話は2016年末の話なんですが、西武園ゆうえんちは2019年にも大規模な改装が入って、完全に「昭和レトロ」を全面に押し出したリニューアルがされましたね。

この企画にはやはり、USJ立て直しなどでも名高い盛岡毅さんが携わっていて、さすが…!!!と舌を巻いてしまいます。(早口)

リニューアルがコロナ禍中だったということもあって、まだ足を運べてないけどそのうち行きたいなあ。

+++++++++++++++++++++
◆次の話を読む◆
【プロポーズ編21】凍える寒さの中、眼前に現れたのは…
プロポーズ編21sam

+++++++++++++++++++++
★★訪問ありがとうございます!★★

ゆるゆると更新を続けてまいりますので、
また遊びに来てもらえたら嬉しいです♪

↓ LINEで更新通知を受け取れます



↓ クリックはげみになります!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村


絵日記ランキング

◆前回のあらすじ◆
プロポーズ編18sam2
伏線は3年前に張られていたようです。

◆前の話を読む◆

◆このシリーズを最初から読む◆

それでは本編です!
プロポーズ編19
昭和・平成初期レトロ大好物のふたり。

というわけで、行き先は西武園ゆうえんちで当たりでした!

最寄り駅に降りたとき、あまりにも他に人が降りず人っ気がなかったので、若干、「今日営業してるのか…??」と不安になった記憶がありますw

到着から、ナイトパスで入場できる時間まで少し間があったので、西武園の周りを散歩していたのですが、特に商店街だとかがあるわけでもなかったので、本当にゆうえんちのためだけの駅なのだなあ…!と驚きました。
DSC_0574
散歩して辿り着いた多摩湖のほとり。
雰囲気があって好きだったなあ。
DSC_0576
日が落ちるくらいまでプラプラ。

そして夕方頃、いよいよ西武園ゆうえんちに入園

絶妙なさびれ感に、昭和・平成初期レトロ大好きなふたりはめちゃくちゃテンションが上がるんですが、はたと「これはプロポーズっぽい雰囲気になるのだろうか…??」と、若干の不安に襲われます。

+++++++++++++++++++++
◆次の話を読む◆

+++++++++++++++++++++
★★訪問ありがとうございます!★★

ゆるゆると更新を続けてまいりますので、
また遊びに来てもらえたら嬉しいです♪

↓ LINEで更新通知を受け取れます



↓ クリックはげみになります!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村


絵日記ランキング

↑このページのトップヘ